文字サイズ

池江璃花子が5個目日本新、卓球の平野に刺激「私も戦う」

女子200メートル自由形で日本新記録をマークし、取材に応じる池江璃花子
1枚拡大

 「競泳・東京都選手権」(28日、東京辰巳国際水泳場)

 女子200メートル自由形決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪代表の池江璃花子(16)=ルネサンス亀戸=が、1分56秒33で優勝し、五十嵐千尋(日体大)が持っていた記録を0秒85更新する日本新記録を樹立した。100メートルバタフライ決勝も、自身の日本記録にあと0秒03まで迫る56秒89で制した。

 驚異の高校1年生スイマーが、得意の短距離だけでなく200メートルでも強さを見せた。この種目での自己ベストを1秒以上更新し、50、100メートルの自由形&バタフライに続く自身5個目の日本新記録を樹立。「前半から突っ込めた。自己ベストを出せて素直にうれしいです」と胸を張った。

 先週行われた卓球の全日本選手権では、決勝の前日に平野美宇(エリートアカデミー)に会って激励した。「美宇ちゃんもしっかり頑張ってくれたので、私も同い年として、これからしっかり戦っていかなきゃいけないと思った」。史上最年少で卓球女王に輝いた同級生からもらったパワーで、いきなり日本新記録をたたき出した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス