文字サイズ

川内、魂の激走「やけくそでいってしまえと」 満身創痍も世界選手権代表入りへ大前進

ホッとした笑顔を見せる川内優輝=平和台陸上競技場
2枚

 「福岡国際マラソン」(4日、平和台陸上競技場発着)

 17年ロンドン世界選手権の代表選考会を兼ねて行われ、同世界選手権を日本代表入りを狙う最後の舞台と位置づけている川内優輝(29)=埼玉県庁=は、2時間9分11秒(速報値)で日本人トップの3位に入り、代表入りへ大きく前進した。

 魂の走りだった。序盤からしっかりと先頭集団に取り付くと、22・8キロでペースメーカーが離脱した後、川内が仕掛けた。日本人のライバルたちをふるい落とし、海外招待選手らと堂々と上位争いを繰り広げた。終盤は昨年の世界選手権銀メダリストのツェガエ(エチオピア)、前世界記録保持者のマカウ(ケニア)と優勝争いにまで持ち込んだ。

 22・8キロ過ぎのスパートについては「ここからけん制しあってペースを落としたら、何のために覚悟を決めて出たのかと思った。やれるところまでやろう。やけくそでいってしまえと思って、行きました」と、振り返った。

 11月に右足ふくらはぎを痛め、万全ではない状況の中での強行出場。家族からは欠場を勧められたが「もしここで欠場してしまったら今後も自分はガラガラと崩れて安易な方向に行ってしまう。招待選手を受けた以上は義務としてしっかり走るのが川内という選手」と信念を貫き、スタートラインに立った。日本のマラソンの低迷が続く中、見る者の心を揺さぶる激走となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス