文字サイズ

みうみまペア、ブランクを痛感 伊藤美誠「プレーが悪すぎた」

卓球アジアジュニア選手権から帰国した平野美宇(左)と伊藤美誠=成田空港
1枚拡大

 卓球女子ダブルスで14年グランドファイナル優勝の平野美宇(16)=エリートアカデミー、伊藤美誠(15)=スターツ=の「みうみまペア」が22日、アジアジュニア選手権(バンコク)を終えて成田空港着の航空機で帰国した。

 8カ月ぶりのペア復帰戦はちぐはぐに終わった。2回戦で初対戦の中国ペアに惨敗。伊藤は「相手どうこうというより、自分たちのプレーが悪すぎた」と唇をかみ、ダブルス自体も1月の全日本選手権以来だった平野は「足やタイミングがバラバラで合わなかった」とブランクを痛感していた。

 中学時代に史上最年少でワールドツアーを制した同級生ペア。世界一のコンビワーク再生へ、平野は「今までは個々の力が強くなかった分、ダブルスの力で戦っていたけど、今は逆に個々の力しかない感じ。もっと練習しないと」と危機感。伊藤も「(感覚を取り戻すには)また一からやっていかないといけない」と再スタートを誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス