文字サイズ

千賀ノ浦親方、最高の思い出は関取誕生

 まな娘の彩菜さん(右)から花束を贈られる千賀ノ浦親方
1枚拡大

 4月10日に65歳の誕生日を迎え、日本相撲協会を定年となる千賀ノ浦親方(64)=元関脇舛田山=が24日、エディオンアリーナ大阪で記者会見した。04年9月に独立して千賀ノ浦部屋を創設。弟子の舛ノ山が関取第1号となった10年九州場所を最高の思い出に挙げ「自分が十両に上がった時よりもうれしかった」と感慨に浸った。

 千賀ノ浦親方は拓大から春日野部屋に入門し、74年春場所で幕下付け出しデビュー。幕内在位47場所で三賞3度を獲得した。今後は親方名で70歳まで在籍できる再雇用制度を協会に申請する意向。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス