文字サイズ

怪物・ハキーム世界選手権切符狙う!

 陸上短距離界の新星、サニブラウン・アブデル・ハキーム(16)=城西大城西高=が10日、世界ユース選手権(15日開幕・コロンビア)出場のため、出発した。ガーナ人の父を持つハーフだが、海外遠征は初めて。「ワクワクが止まらない」と、目を輝かせた。

 先月の日本選手権では高校2年生にして100メートル、200メートルとも2位に入り、底知れぬ潜在能力を示した。今大会で世界選手権の参加標準記録(100メートル=10秒16、200メートル=20秒50)を突破すれば、追加での代表入りの可能性を残している。

 100メートル10秒30、200メートル20秒56の自己ベストは、ともにユース世界ランク1位。「目標は100、200メートルで2冠。200メートルは世界選手権の派遣設定記録(20秒28)も狙っていきたい」と、力強く宣言した。

 200メートルの大会記録は、03年のウサイン・ボルト(ジャマイカ)の20秒40。“ボルト超え”も視野に、日本の怪物が世界に挑む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス