文字サイズ

香川・秀伍、挑戦し続けた2年間 3冠を手に現役生活に別れ

 最多勝、最多奪三振、ベストナインの3冠を手に現役に別れを告げた秀伍(撮影・高田博史)
1枚拡大

 【香川・秀伍投手】文=高田博史

 秀伍にとっては、挑戦し続けた2年間だった。

 「挑戦してなかったら見えてこなかったものが、いろいろあったと思いますし、確実に後悔してたと思う」

 投手としてマウンドに登っていたのは高2の春まで。以降、大学から社会人野球までの8年間、外野手だったことは、いまではよく知られた話である。投手としての経験値がほぼゼロのまま、アイランドリーグで自身の可能性に賭けた。

 昨年、チーム2位となる6勝を挙げる。ドラフト候補にも上ったが、指名されるには至らなかった。

 悔しさは冬のトレーニングにつながる。昨年よりパワーアップした状態でシーズンに臨み、開幕から5試合目で初失点するまで30イニング無失点を続けた。

 「やってきたことは間違いじゃなかったんだなって、最初は結果に出たんですけど。後期ですね。前期優勝して、同じ気持ちで挑んだつもりだったんですけど、やっぱり体の疲れだったり、見えないところで…」

 勝ち星が伸びない。コンディションが決して万全ではないなかで、できることを精一杯やろうとした。俺がガイナーズを背負っている。そんな重圧がいつもあった。NPBに向けてのアピールだってそうだ。

 「年齢も年齢だったので、相当なアピールをしなきゃいけない。気持ち的にはしんどかったですよね。毎日が。寝てるときでも頭のなかで考えたり。家にいたら『練習しなきゃ』と思って、ジムに行ったり。落ち着きがなかったですね。不安と焦りがあったので」

 そうやって手にした最多勝、最多奪三振、ベストナインのタイトルである。

 願わなかったらかなわない。ドラフトが終わってしまうまで、指名を信じて待った。結果の出たその日に両親、お世話になった人たちに引退を報告している。

 「挑戦したことは、絶対に今後の人生に生きてくるから」。2年前、そう言って背中を押してくれた社会人野球時代のコーチに「挑戦して良かったです」と伝えた。

 「お前からその言葉が聞けて、良かったよ」

 最後まで挑み続けた野球人生に、悔いはない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    アイランドリーガー伝最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス