文字サイズ

立大・飯迫恵士内野手、社会人からプロを目指せる

 元阪神スカウトの菊地敏幸氏は、立大・飯迫恵士(けいと)内野手(4年・神戸国際大付)の将来性に注目した。大学ラストシーズンは打率3割こそ逃したが、14安打をマーク。中心打者として安定した成績を残した。

 同氏は「ファーストというポジションもあってなかなか評価のしにくい…」と前置きしつつ、飯迫の打撃センスを認めている。「おそらく社会人でということだと思うんで、社会人で逆にこれからプロを目指す、そういった意気込みでいってほしいなと思える選手」とエールを送った。

 大学ラストイヤーはチームとしても春2位ながら、秋5位と不本意なかたちで終わった。同氏も「もう一度この悔しさをバネに」と次の舞台で大きく羽ばたいていくことを願っている。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。

六大学野球最新ニュース

もっとみる

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス