文字サイズ

立大・三井健右外野手、持ち味はフルスイング

 元阪神スカウトの菊地敏幸氏は、立大・三井健右外野手(2年・大阪桐蔭)に持ち味を見失わないように注文をつけた。昨季4番に抜てきされると、3試合連続本塁打など4発のアーチをかけ、ブレーク。しかし迎えた今季は不振でスタメンを外れるなど、打率・240、1本塁打と苦しんだ。

 同氏は悩める左の大砲に対し、「結果にとらわれずフルスイングは忘れないでほしい」とエールを送った。まだ2年生の若武者。結果にとらわれず、豪快な打撃を伸ばしていくことが重要だと指摘する。

 大阪桐蔭出身で、実力は折り紙付きだ。「潜在能力は高い選手ですから、これから立教大学の打線を引っ張っていく、そんな存在になってほしい」と将来的に、六大学を背負う打者への成長を期待した。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。

六大学野球最新ニュース

もっとみる

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス