文字サイズ

慶大・嶋田翔内野手、広島・新井のようなスラッガーに

 元阪神スカウトの菊地敏幸氏は、慶大・嶋田翔内野手(2年・樹徳)に長距離砲への可能性を見いだした。今季は下位打線を担い、全試合に出場。打率こそ2割台だが、2本塁打と持ち前のパワーを随所で発揮した。

 同氏は嶋田を「非常にスケールの大きな長打力が魅力の選手」と評し、将来的には今季限りで引退する広島・新井貴浩のようなスラッガーへと成長する可能性を秘めていると称えた。

 もちろん、「まだまだ粗さはあります」と修正点は多い。2年生ということもあり、まだまだ上級生に遠慮している面もうかがえる。守備面でも一塁だけでなく、外野など複数ポジションへの挑戦も期待。今後も練習を重ね、六大学を代表する選手になることを願った。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。

六大学野球最新ニュース

もっとみる

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス