文字サイズ

広島・森下が汗したたらせ熱投122球で8回無失点 巨人・菅野との投げ合い一歩もひかず

 好投する先発の森下(撮影・坂部計介)
 6回、ウォーカーの打球を好捕した羽月(右)を迎える森下(撮影・坂部計介)
 8回、ウォーカーは三振に斬り、ピンチを脱した森下は拳をにぎりベンチに戻る(撮影・坂部計介)
3枚

 「広島-巨人」(2日、マツダスタジアム)

 広島先発の森下が8回無失点、122球5安打11奪三振の熱投をみせた。

 炎天下の中で巨人のエース・菅野との投げ合いで一歩もひかず。0-0で迎えた八回の大ピンチも凌いだ。一死満塁のピンチを招いたが、2番丸を一ゴロに打ち取ると、3番ウォーカーは外の変化球で空振り三振。猛暑の中、汗をしたたらせながらの魂の投球だった。

 その裏の攻撃で代打を送られ、味方は無得点。6勝目はならなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス