文字サイズ

高橋慶彦氏「確かに悪かった」 現役時代は北別府氏とバッチバチの関係 高級車で張り合った過去

 広島、ロッテ、阪神で現役生活を送り、ダイエー(現ソフトバンク)、ロッテ、オリックスでコーチなどを務めた高橋慶彦氏が18日、野球評論家・デーブ大久保氏のYouTube「デーブ大久保チャンネル」に出演。広島時代の同僚、北別府学氏との関係について、当時はバチバチの関係だったと回顧した。

 動画では「【今は仲直り】当時は北別府とは仲が悪くて喧嘩ばっかりしてました」をテーマに話が進み、ネット記事を元に大久保氏が、高橋氏がポルシェに乗ると、北別府氏がリンカーンを購入したという逸話を紹介。これを高橋氏が認め「2人で車を競ってたな。ペー(北別府氏)と同じ車だったら、車屋に行って『替えて』って。子供のケンカやもんな、マジで」と豪快に笑い飛ばした。

 当時、黄金期の広島の中で高橋氏は野手のリーダー。1学年下の北別府氏がエースだった。思い出深いエピソードとして「一番、ひどかったのは阪神戦」と説明。高橋氏は阪神、大洋などで活躍した加藤博一さんと親交が深く、阪神戦に北別府氏が登板するとベンチから「ショートに打て!ショート!」とヤジを飛ばされたという。

 「俺、そんな気はないのよ。仲は悪いけど一生懸命に守るやん?」とした上で、「でも、意識するやん。で、エラーするやん…。『ほら、みろーって』。博一さんが悪いのよ。でも、確かに(仲は)悪かったな」と懐かしみながら振り返った。

 それでも広島の黄金期を支えた2人。北別府氏について「一番、危ないシュートを当てないで(胸元に)投げられる投手だから」と投球技術を絶賛。「ペーはああ見えて、めっちゃ気が強いからね。お互い、やり合いよ」

と、バチバチだった過去を赤裸々に語りながらも、大久保氏が「今は和解されてますよね?」と確認すると、「面白かったな。もうもう全然。元気な時にトークショーやったりね。病気しているからね、元気なったらYouTubeに出てよと話しているよ」と、再会を心待ちにしていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス