文字サイズ

広島・九里 “連敗ストッパー”また止めた 貫禄G封!7回1失点今季初白星

 7回、岡本和を併殺打に打ち取ってガッツポーズを見せる九里(撮影・立川洋一郎)
 力投する九里
2枚

 「広島3-1巨人」(5日、マツダスタジアム)

 広島の九里亜蓮投手(30)が、今季初勝利でチームの連敗を「3」で止めた。7回6安打1失点で、5四球を与え三者凡退は一度だけだったが、粘りの投球が光った。昨季の巨人戦は6戦4勝。さらに自身が先発した試合では計4度、連敗を止めていた。今季も好データを継続した右腕が頼もしい。

 絶体絶命の場面を乗り越えたからこその白星だ。初回2死満塁。九里が丸を右飛に打ち取った。3四球で招いたピンチでも、気持ちを整理して無失点で切り抜けた投球が、7回6安打1失点につながった。

 「チームに勝ちがつくような投球ができるように、それだけを思って(投げた)。四球が多くてリズムが悪かったけど、野手にしっかり守っていただいて、何とか1点に抑えられたと思います」

 1死から坂本に四球。ポランコを空振り三振に仕留めたが、岡本和と中田に四球を与えた。破壊力ある打線。警戒する余りに指先が狂ったが、土俵際で踏ん張る強さが頼もしい。

 「ほんとに気持ちだけで」と九里。3-1の七回1死一、二塁では、岡本和を三塁併殺に仕留め、雄たけびを上げた。佐々岡監督は「当たっている打線で慎重になったのかもしれない。ちょっと悪いところがのぞいたが、しっかりと粘り強く投げた」とたたえた。

 Gキラーぶりは健在だ。昨季の巨人戦は6戦4勝と、相性の良かった相手から今季の自身初勝利を挙げた。さらに、チームが苦しい状況で力を発揮。昨季、自身が先発した試合で計4度連敗を止めていた“連敗ストッパー”が、期待に応えた。

 「完ぺきな投球を求め過ぎるな」-。

 黒田博樹氏が広島に復帰した15年の、6月に授かった金言を今も大切にしている。その言葉を受けて以降、マウンドでの考え方に変化が生まれたと言う。

 「全部0点に抑えられたらすごいことになる。なんで(以前の自分は)そこを求めていたのか。今は安定した投球で1年間チームのために働くのが一番大切だと思っています」

 先発としての役割を考え直し、失点してもすぐに気持ちを切り替え、次の1点を防ごうとしてきた。粘り強い投球の、原点とも言える助言だった。

 先発3本柱の一人としての活躍が求められる今季。「しっかりテンポのいい投球ができるように。悪いところはしっかり反省して次の試合に備えたい」と前を見据えた。チーム全員が笑顔で終えるため、腕を振り続ける。

 ◆九里と連敗ストップ 昨季13勝挙げた九里は4度、チームの連敗を止めた。19年6月末から始まった悪夢の11連敗をストップさせたのも九里だった。今季のチームは開幕6連勝後に3連敗を喫していたが、今回も九里が“連敗ストッパー”となった。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス