文字サイズ

カープ栗林 自己改革で今季も失敗しない男 エースの姿&レジェンドの言葉で下半身強化

 昨年のセ・リーグ新人王、広島の栗林良吏投手(25)が13日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで自主トレを公開した。今オフは初めて下半身強化に着手。昨季同様、今季もセーブ機会での失敗なしを目標に掲げた。2年目を迎える守護神は自己改革を進め“失敗しない男”の継続を目指していく。

 気が遠くなるような傾斜の坂道を、栗林は白い息を吐きながら懸命に駆け上がった。午前中最後の練習で、約200メートルの坂道ダッシュを5本消化。「体づくりというか下半身。プロに入るまで、下半身のウエートをやったことがなかった。このオフは挑戦してみようと思って」と“2年目の自己改革”に乗り出している。

 契機はエースの姿とレジェンドの言葉だった。昨年、シーズン中も大瀬良が下半身に重点を置いてトレーニングを重ねる姿を見た。また、先月、テレビ番組で中日OB・山本昌氏と共演した際には「下半身をケガしない投手が長生きできる」と言われたそうで、「今までそういう考えがなかった」と印象深く振り返った。

 野球系の動画サイトでも分析を重ね、下半身を鍛える重要性を再確認した。高校時代に膝を手術したこともあり、これまで本格的な下半身強化はしてこなかった。「野球人生で初めて取り組む。今までやってこなかったことをやるとどうなるのか疑問もある」。自ら考え、プランを立てる中で見えた発見も、成長への糧にしていく。

 昨季は53試合で37セーブ。セーブ機会で失敗がなく、さまざまな金字塔を打ち立てた。その一方、52回1/3の投球回の半分を超える28四球が今季の課題。「下半身を鍛えることでバランスを取れれば、制球も良くなるかな」とオフ期間の取り組みを通じて課題克服も目指す構えだ。

 昨年末には第1子が誕生し、練習と並行して育児にも精を出す。「ミルクをあげるのが好き。3人で、いい時間を過ごせている。妻や子どものために、頑張らないといけない」と一家の大黒柱としての責任感を強めた。

 シーズン終了後はノースロー調整を続けてきたが、自主トレ開始の10日からキャッチボールを再開。トヨタでの自主トレは25日前後まで行う予定だ。“2年目のジンクス”という言葉と向き合う今季。「みんなから『(防御率)0点台や、セーブ機会で失敗なしは無理だよ』と言われる。いい意味で期待を裏切って2年連続で、できたらいい」と闘志を燃やした栗林。着実に土台を固め、今年もマウンドで無双する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス