文字サイズ

広島・小園が日本一燕軍団から吸収へ 山田、川端には「やっぱり打撃のことですかね」

 ノックの合間に笑顔でガッツポーズする広島・小園(撮影・飯室逸平)
 ヤクルト・山田(後方右)らと共にトレーニングする広島・小園(撮影・飯室逸平)
 ヤクルト・山田と並んでトレーニングする広島・小園(撮影・飯室逸平)
3枚

 広島の小園海斗内野手(21)が11日、松山市内でヤクルトの山田や川端らとの合同自主トレを公開した。

 昨年に続き2年連続での参加。昨季は同自主トレから多くを学び、初の規定打席到達や打率・298につなげた。

 体幹トレーニングから午前の練習が始まるとインターバル走など約2時間、体作り。その後はキャッチボールやノックを受け、午後からは打撃練習で汗を流した。

 ヤクルトは昨季日本一に輝いた。山田や川端は主力としてチームの栄冠に貢献した。「やっぱり打撃のことですかね。(山田とは)右左は違いますけど、シンゴ(川端)さんもいらっしゃって、いい打者がそろっているので、吸収できるところは吸収して自分にいいようにできればと思います」。今年も指導を仰ぎ飛躍につなげる構えだ。

 4年目の今季を前に「最初から最後までフルイニングで出ることが目標」と力を込めた。春季キャンプから競争を勝ち抜いて、遊撃のレギュラーを奪い取るための土台を固めていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス