文字サイズ

九里亜蓮がFA権行使せず広島残留を表明「このチームで日本一に」3年総額6・5億円

 FA権を行使せず残留を決めた九里
 FA権を行使せずに残留を決めた九里
 FA権を行使せずに残留を決めた九里
3枚

 広島の九里亜蓮投手(30)が22日、マツダスタジアムで会見を行い、今季取得条件を満たしたFA権について宣言はせず、残留することを表明した。契約は3年で総額6・5億円と見られる。(金額は推定)

 九里は「私、九里亜蓮は、FAを宣言せず、カープさんに残留させていただくことに決めました」と明かした。球団からは「しっかりとチームを引っ張って、やっていってほしい」との言葉を受けたといい、「すごくうれしく思います」と語った。

 残留することを決めた理由は、「やっぱり(セ・リーグで)3連覇した時も、このチームで日本一にはなれなかったですし、このチームで日本一になりたいという気持ちもやっぱり強かった。その辺が、大きいところかなと思います」とした。

 今季の九里は初の10勝をクリアすると、最終登板でも白星。13勝(9敗)で阪神・青柳と並び初タイトルとなる最多勝を獲得。5月には新型コロナウイルスの陽性判定を受け、一時戦線を離脱した時期もあった。それでも規定投球回に到達し、先発の軸として最後まで存在感を示した。

 チームは今オフ、ともに国内FA権を取得した大瀬良大地投手(30)、堂林翔太内野手(30)がすでに残留を表明。九里を含めて3人全員が残留となり、来季もカープのユニホームで戦うことが決まった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス