文字サイズ

広島・坂倉 自己最多12号含むチーム唯一のマルチ打! 首位打者争い誠也に4厘差

 「広島2-7阪神」(24日、マツダスタジアム)

 打球は右翼・佐藤輝の頭上を越えていった。二回1死から広島・坂倉が右翼席へソロ本塁打を放つ。自己最多をまた1本、更新する12号ソロ。手応えを感じながらダイヤモンドを一周した。

 「甘い球が来たら振ろうと思っていた。ちょっと泳いだ形でしたがうまく引っ張れた」

 九回には左中間を破る二塁打。この日、チーム唯一のマルチ安打だ。「試合をやっている以上、全力でやらないと。勝っていようが負けていようが、一打席を無駄にしちゃいけない」。打率はトップの鈴木誠と4厘差の・314に上昇させた。

 9月中旬には26打席連続無安打のスランプを経験した。5番としての責任を感じながら、もがいた。それでもルーティンなどを崩さず、自分を信じてバットを振った。

 捕手と一塁で併用が続く。開幕から一度も2軍を経験することなくシーズン最終盤を迎えたのは今季が初めてだ。首位打者争いにも身を置く。長く苦しんだ期間を含め、多くの経験値が成長を後押しするはずだ。

 「打席数にしても、数多くもらっているので一打席、無駄にしないように。結果どうこうよりは、しっかり自分のスイングができればいい」。残り3試合、全力でグラウンドに立ち続けていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス