文字サイズ

3連敗の広島・佐々岡監督 低調な打線に「つないで、つないでというのができなかった」

7回広島2死、右前打を放ち二塁を狙うもアウトになる広島・安部友裕=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
 8回、死球を受ける西川(撮影・飯室逸平)
2枚

 「広島1-2巨人」(12日、マツダスタジアム)

 広島が巨人に競り負け、3連敗で最下位に転落した。

 得点は主砲・鈴木誠のソロのみに終わり、3試合続けて1得点と打線に元気がない。佐々岡監督は「この3試合で(それぞれ)1点しか取れていない打線が、こういう結果になっている」と苦虫をかみつぶした。

 7安打を放つも、連打は四回だけ。その四回も林が左前打で出塁するも、続く会沢の打席で盗塁死を喫し、好機を逸した。指揮官は「あと1本はいつもの課題というか、誠也が出て、5番(坂倉)というところがいま少し(状態が)落ちているかなという感じがしますけど。『つないで、つないで』というのができなかったのが、この3試合だった」と振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス