文字サイズ

広島・誠也「神ってる」再来だ!同一カード3連戦3試合連発 V22号 直近10戦7発

 2回、左越えに先制ソロを放つ鈴木誠
 2回、先制ソロを放ちナインに祝福される鈴木誠(撮影・西岡正)
2枚

 「ヤクルト1-6広島」(5日、東京ドーム)

 広島の鈴木誠也外野手(27)が3試合連続となる22号先制ソロを放ち、2カードぶりとなるカード勝ち越しに貢献。単独5位に浮上した。同一カード3連戦での3試合連発は「神(かみ)ってる」で話題となった16年6月17~19日・オリックス戦(マツダ)以来、5年ぶり2度目。直近10試合で7本塁打と勢いに乗る主砲がアーチを量産していく。

 「神ってる」の再来だ!目の覚めるような豪快な一発に左翼席を赤く染めた鯉党は歓喜に沸いた。覚醒状態に入るともう誰にも止められない。悠然とダイヤモンドを一周した鈴木誠は3試合連続となる22号ソロに「先制することができて良かった」と表情を緩めた。

 先頭で迎えた二回だ。1ストライクから田口の高め141キロ直球を力強く振り抜いた。打った瞬間それと分かるライナー性の強烈な打球は、左翼スタンド中段へ突き刺さった。

 「制球のいい投手なので甘いところは来ないだろうと。打てるところを振ろうと思った」

 失投を見逃さず、一振りで仕留めた主砲の存在感。佐々岡監督は「そこからの2点だからね。中押しでも(菊池涼の)効果的な一発が出た。タイムリーもあったし、(鈴木誠の本塁打で)いい流れになった」と打線をたたえた。

 3試合連続本塁打は、5年ぶり3度目。同一カード3連戦での3試合連続アーチは、2試合連続サヨナラ本塁打などの活躍を緒方前監督が「神ってる」と表現したことが話題を呼び、同年の新語・流行語大賞の年間大賞に選出されるきっかけとなった16年6月17~19日・オリックス戦(マツダ)以来、2度目となった。

 今カードでの3戦連発は「自分のスイングがたまたまできただけ。狙ってはいない」と控えめに語ったが、直近10試合で7本塁打。四回には中前打でマルチ安打を記録。打率・306となり、これまで王貞治(巨人、8年連続)と落合博満(ロッテ・中日、7年連続)しか達成していない、6年連続打率3割&25本塁打も射程圏だ。

 4番の活躍で連勝を飾り、2カードぶりのカード勝ち越しを決めて単独5位に浮上。優勝した16年とはチーム状況も違い、今年から野手の主将に任命されるなど立場は変わった。それでも「僕自身は変わらないですし、やることも変わらない。一日一日必死でやっているだけ」と泰然自若の構えを見せた主砲が、アーチを量産してチームを勝利に導いていく。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス