文字サイズ

智弁和歌山OBの広島・林6号2ラン「捉えられた」阪神・村上と“智弁対決”も制す

 6回、6号2ランを放ち歓喜の表情でタッチを交わす広島・林=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
 2回、広島・野間のタイムリーで生還しVサインでタッチを交わす広島・林=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
 2回、広島・林は左前打を放つ=マツダスタジアム(撮影・山口登)
3枚

 「広島-阪神」(28日、マツダスタジアム)

 広島の林が6号2ランを放った。1点差に迫られた直後の六回1死一塁。小川の外角カットボールを捉えて右中間スタンドへ運んだ。「自分のスイングでしっかりと捉えることが出来ました」とコメント。

 後輩に負けていられなかった。この日、母校・智弁和歌山が夏の甲子園で決勝進出を決めた。

 決勝では智弁学園との“智弁対決”に臨む後輩を後押しするように、二回1死は2016年のセンバツで智弁学園を優勝へ導いた阪神・村上から左前打。野間の適時二塁打で3点目のホームを踏んだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス