文字サイズ

広島・大道 2戦連続KO 五回に村上に2点適時二塁打を浴びて交代

5回、村上に2点適時二塁打を許して5失点。交代を告げられて降板する大道。右は捕手・石原=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
4回表ヤクルト無死二塁、ヤクルト ドミンゴ・サンタナ(左)に2ランを浴びる広島・大道温貴=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
5回、2点適時二塁打を放ち、送球間に三塁へ進塁してベンチに向かってポーズを決める村上=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島-ヤクルト」(21日、マツダスタジアム)

 先発したルーキーの大道温貴投手は4回0/3を投げ、9安打5失点でKOされた。

 初回、無死二、三塁のピンチを招くと山田に中前適時打を浴び、先制点を献上した。

 二回、三回はゼロで切り抜け、立ち直ったかに見えたが、四回無死二塁からサンタナに逆転2ランを被弾すると五回にも無死一、三塁から村上に右中間へ2点適時二塁打。1アウトも取れずに佐々岡監督が交代を告げた。

 序盤から制球が乱れ、毎回走者を許す苦しい投球となった。前回登板した8月15日の阪神戦も3回2失点で降板しており、これで右腕は2試合連続の背信投球となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス