文字サイズ

広島・林 プロ初猛打賞 楽天との3連戦は12打数6安打「自信にしていけたら」

 8回、猛打賞となる右前打を放つ林(撮影・立川洋一郎)
 8回、猛打賞となる右前打を放ち、タッチを交わす林(撮影・立川洋一郎)
 6回、右前へ適時打を放ち雄たけびをあげる林(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島4-6楽天」(6日、マツダスタジアム)

 広島の林晃汰内野手(20)がプロ初の猛打賞を記録した。

 六回2死二、三塁。ドラフト1位・早川(早大)のスライダーを振り抜き、3試合連続打点となる右前適時打を放った。「とにかくバットに球を当てようと思って打席に入りました」。また、二回には左前打。八回には右前打を放ち、プロ初となる3安打の固め打ちと気を吐いた。

 首位・楽天との3連戦は12打数6安打、打率・500。1本、3打点と爆発した。4日は涌井からタイムリー、5日は田中将から一発を放っており、「一流の人たちとやらせてもらって結果を出せた。そこは自信にしていけたらと思う」と胸を張った。

 5月29日のロッテ戦から7試合連続で先発出場した長距離砲は「このまま結果を出し続けてスタメンで出続けたい」とレギュラー獲得に意欲を示した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス