文字サイズ

コロナ禍のカープ、九里も陽性判明 投手陣では初

 広島が23日、1軍監督、コーチ、選手、スタッフ計82人にPCR検査を実施した結果、新たに九里亜蓮投手(29)が新型コロナウイルス陽性の判定を受けた。チーム内の陽性者はこれで12人となった。球団によると右腕は現在無症状。体調に異常はないものの、管轄保健所の指示により、自宅療養中。

 広島は17日に菊池涼、正随、小園の感染が判明。20日には鈴木誠、長野、石原、大盛、羽月の5選手と朝山打撃コーチ、球団スタッフ1人が新たなに陽性判定を受け、21日には倉バッテリーコーチの陽性も判明していた。

 22日には1、2軍の監督、コーチ、選手、スタッフら140人がPCR検査を受け、全員が陰性と診断されたが、21日までに判明した陽性者との接触状況から、森下と高橋昂が濃厚接触者と判定。両者はこの日、「感染拡大防止特例2021」の対象選手として出場選手登録を抹消された。

 球団は感染拡大を防ぐため、21日からの阪神3連戦の中止を決定。交流戦が開幕する25日・西武戦(マツダ)からの試合開催の可否については24日の臨時代表者会議で決まる予定だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス