文字サイズ

広島5位転落 毎回12三振4安打完封負け 出塁したのは三、九回だけ

 7回、空振り三振に倒れる鈴木誠(撮影・立川洋一郎)
 球審に選手交代を告げる佐々岡監督(撮影・立川洋一郎)
 6回裏に2番手で登板し、1イニングを無失点に抑えたコルニエル(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「中日2-0広島」(9日、バンテリンドーム)

 広島がわずか4安打、毎回の12三振を喫し、今季6回目の完封負けで借金5、5位に転落した。

 打線が中日先発の柳の前に沈黙。八回まで2安打、毎回の11三振を奪われて無得点に抑えられた。マルティネスが登板した九回は、1死から羽月の左前打、松山の一塁内野安打で一、二塁としたが、4番鈴木誠が三飛に倒れた。5番西川の打席では暴投で二、三塁としたが、西川は二ゴロに倒れた。

 走者を出したのは三回と九回の2イニングだけ。三回は2死から玉村のプロ初安打となる左前打と菊池涼の右前打、さらに羽月への四球で満塁の好機をつかんだが、安部が空振り三振に倒れた。

 プロ入り2度目の先発となった広島・玉村は5回3安打2失点の好投も孤立無援で2敗目。四回無死一塁からビシエドに中越え決勝2ランを浴びた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス