文字サイズ

カープ玉村、ホロ苦黒星デビューも収穫あり 「思っている通りに投げたら、やっぱりいける」

 「広島3-5DeNA」(29日、マツダスタジアム)

 プロ初登板初先発した広島・玉村昇悟投手が5回5安打5失点(自責点4)でプロ初黒星を喫した。2本の本塁打を浴びるなどホロ苦デビューとなった。

 「入りは良かったんですけど、後半になると自分の力のなさが出てきたのかなと思う」

 初回は三者凡退の好発進。二回に1死から5番・牧に二塁打、2死二塁となって7番・ソトの強烈な打球を遊撃・小園が後逸(記録は失策)して先制点を献上。四回は先頭・オースティンに左中間へソロ、2死一塁からソトに2ランを浴びて主導権を握られた。

 「オースティンさんに打たれた球は甘かった。ソトさんに打たれた球は外だったけど、力が思ったよりなかったのか、打ちやすい場所、ちょうど良い場所にいったので。その前の宮崎さんの四球は今日一番やってはいけなかった。そこが、今日は一番後悔が大きいです。自分の甘さというか、悔しい結果になりました」

 試合前から降り続いた雨の影響で開始時間が約1時間、遅れた。それでも動じず、序盤はテンポ良く腕を振った。「きっちりしたコースに投げたら、打たれることはなかった。自分の思っている通りに投げたら、やっぱりいけるなと思った」。収穫と課題を次回登板に生かしていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス