文字サイズ

広島・佐々岡監督 2被弾の野村に「防いでほしいところではあったんだけど」

 「DeNA3-1広島」(4日、横浜スタジアム)

 広島は連勝が「2」で止まった。先発した野村は4回6安打2失点。攻撃陣は初対戦の阪口を打ち崩せなかった。チームは5日の休日を挟み、6日から神宮でのヤクルト3連戦に臨む。試合後の佐々岡監督の一問一答は下記の通り。

 -野村はソロ2発に泣いた。

 「防いでほしいところではあったんだけど。甘いところにいったら長打もあるというところで」

 -それ以外は粘っていた。

 「丁寧に、丁寧に投げていたんだけどね。打たれた球は(甘かった)ということ」

 -攻撃陣は阪口に苦しんだ。

 「思ったよりも緩急をうまく使われた。結構、切れがあった。スライダー、カーブと良いブレーキが利いていた」

 -それでも八回に1点。終盤に得点した。

 「最後まで諦めない姿勢が八、九回に表れた。これを続けていきたい」

 -松山は4試合連続打点だ。

 「結果も出ているし、集中力も出ている。良いところで仕事をしてくれている」

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス