文字サイズ

広島・松山 貴重なタイムリーで3試合連続打点「最高の追加点になりました」

7回広島2死三塁、適時打を放ち、塁上で喜ぶ広島・松山竜平=横浜スタジアム(撮影・高石航平)
7回広島2死三塁、中前適時打を放つ広島・松山竜平=横浜(撮影・金田祐二)
7回広島2死三塁、中前適時打を放つ広島・松山竜平=横浜(撮影・金田祐二)
3枚

 「DeNA3-7広島」(3日、横浜スタジアム)

 広島が終盤にチーム打撃で1点を奪い、勝利を手繰り寄せた。

 2点を失い、6-3となって迎えた七回の攻撃だ。先頭の菊池涼が二塁打で出塁すると、続く西川が強引に引っ張って二ゴロ。進塁打となり、菊池涼が三塁へ進んだ。

 鈴木誠は空振り三振に倒れたものの、続く松山が中前適時打を放ち、リードを4点に広げた。松山は3試合連続打点を記録。「最高の追加点になりました」と喜んだ。

 「1点、1点の積み重ね。去年の反省を生かした中で、しっかり点に結びついたのが大きい」と佐々岡監督。キャンプからケース打撃の練習をするなど、安打が出なくても次の塁に進塁して得点を奪う攻撃を徹底してきた。

 六回にDeNAが2得点。息を吹き返しそうになった直後に一丸でもぎとった1点は、チーム全体に大きな勇気を与えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス