文字サイズ

広島・森下が投打で主役 1失点完投&決勝タイムリー 新人王に大きく前進9勝目

9回、気迫の投球を見せる広島・森下=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)
3枚

 「DeNA1-2広島」(24日、横浜スタジアム)

 広島の森下が投打で主役を演じた。投げては1失点の完投で9勝目。打っては1-1で迎えた八回に2死二塁から右前に適時打を放ち、決勝点をたたき出した。新人王争いの面でも非常に大きな9勝目となった。

 森下は三回、1死から1番・梶谷の三塁前への打球を堂林が一塁へ悪送球(記録は内野安打と失策)。1死二塁と得点圏に走者を背負うと、続く乙坂の右前への打球を右翼・鈴木誠が打球に追いつきならも捕球できず適時打となり、梶谷が生還して先制点を献上。これが横浜スタジアムでの初失点となった。

 しかし、五回に鈴木誠が同点タイムリーを放つと、八回に自らのバットで勝ち越し点をたたき出した。2死から菊池涼が左前打で出て、二盗を決めると、森下がカウント0-2から右前にタイムリーを放った。

 九回までマウンドを守り続け、被安打4、自責なしの1失点完投勝利。素晴らしい内容で9勝目をつかんだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス