文字サイズ

広島・九里7勝目も完封逃し「悔しい」お立ち台では笑顔なく

 9回、糸井にタイムリーを打たれる九里(撮影・飯室逸平)
7勝目を挙げ広島・佐々岡真司監督(右)からねぎらわれる広島・九里亜蓮=甲子園(撮影・立川洋一郎)
ナインと勝利を喜ぶ広島・九里亜蓮(中央)=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神1-5広島」(20日、甲子園球場)

 先発した広島の九里亜蓮投手(29)が九回途中、4安打1失点の好投で自身3連勝となる7勝目を飾った。

 五回までパーフェクト投球。六回2死から近本に初安打を許すも、低めに落ちるフォークなどを有効的に使い、阪神打線を手玉に取った。

 だが、9月28日のDeNA戦以来、今季2度目の完封まであとアウト2つとなった九回1死から3連打を浴びて1点を失い、無念の降板となった。

 試合後はお立ち台に上がるも「最後まで投げ切れなかったというところが悔しい。ああいう投球すると八回まで良かったのが、なかったことになってしまう」と笑顔はなく、反省の弁を述べた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス