文字サイズ

広島・佐々岡監督「投打で精彩を欠いた」一岡は2軍降格へ

降板する広島・野村=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
 7回の攻撃を見つめる広島・佐々岡監督。手前は三振に倒れた西川=マツダ
2枚

 「広島1-8中日」(11日、マツダスタジアム)

 広島は、野村祐輔投手が4回途中3失点で降板。終盤には一岡竜司投手とDJ・ジョンソンが打ち込まれた。打線は四回、鈴木誠也外野手の遊撃への適時内野安打で奪った1点のみだった。

 佐々岡真司監督は試合後、「きょうは投打で精彩を欠いた。こういう試合をしているとファンに申し訳ない」話した。

 また、一岡の2軍再調整が決まった。右腕は八回から登板し、1死二、三塁でドラフト4位・郡司(慶大)に中前2点適時打を許した。指揮官は「もう一度、下(2軍で)やってもらう」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス