文字サイズ

広島・大瀬良が4回5失点KO 北別府氏以来の3戦連続完投ならず

1回、阪神・マルテに先制2ランを浴びる広島・大瀬良(撮影・飯室逸平)
2枚

 「広島-阪神」(4日、マツダスタジアム)

 先発した広島の大瀬良大地投手(29)は今季最短となる4回8安打5失点で降板した。開幕から2戦連続で完投勝利を挙げていた右腕。3試合連続となれば、球団では1984年の北別府学氏以来だったが、快挙達成には至らなかった。

 初回から猛虎打線に主導権を握られた。先頭の近本に粘られ、9球目を内野安打。2死までこぎつけたが、4番・マルテへの初球144キロが真ん中に入り、左中間への2ランで先制を許した。

 二回は1死から8番・木浪に二塁打。続く岩貞の投前への犠打を三塁へ送球したがセーフとなり(記録は犠打野選)ピンチを広げると、近本の犠飛で3点目を奪われた。四回も連打で無死二、三塁とされ、何とか2死を奪ったが、近本にこの日最速となる150キロを右前にはじき返される2点適時打。本来なら前日3日の同戦に登板予定。雨天中止のスライド登板となったが5失点で試合を作れず、無念の降板となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス