文字サイズ

広島・堂林が“完璧”先制2ラン 内角高めをとらえレフト特大弾

3回裏広島1死二塁、先制2ランを放つ広島・堂林=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「練習試合、広島-中日」(22日、マツダスタジアム)

 広島の堂林翔太内野手が三回に先制の2ラン本塁打を放った。

 この回先頭の8番・小園が遊安打で出塁。続く森下がきっちりと犠打で送り、1死二塁で迎えた第2打席だった。カウント1-1から先発の小笠原が投じた3球目の内角高め直球を完璧に捉え、左翼スタンドに運んだ。

 試合は3回を終えて2-0で広島がリードしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス