文字サイズ

広島の開幕ローテ奪取へ!九里VS遠藤 5日教育L佐々岡監督の前で仕切り直し

 開幕ローテ候補の広島・九里亜蓮投手(28)と遠藤淳志投手(20)が5日の教育リーグ・ソフトバンク戦(由宇)で登板する。両投手は4日の阪神戦(甲子園)で登板予定だったが、天候不良で中止となり、チームとともに帰広。スライドで2軍戦のマウンドに上がる。

 九里は先発で4イニングを投げる予定で「自分のボールをしっかりと投げられるようにしたい。結果以上に内容にこだわってやっていく」と口元を引き締めた。遠藤も2番手で4イニングの予定で「テンポよく投げ込めれば。初球からどんどんストライクを取って、有利なカウントに持っていきたい」とテーマを掲げた。

 先発ローテ6枠のうち大瀬良、K・ジョンソン、ドラフト1位・森下(明大)はほぼ確定。残り3枠を九里、遠藤、床田に加え、2軍で調整中のアドゥワ、薮田らが争っている。ソフトバンク戦は佐々岡監督も視察に訪れる予定で「薮田も昨日(3日)、いい投球をしている(4回1失点)。最後までみんなでしっかり競争してもらいたい」と話し、両右腕の仕上がりも厳しい目線でチェックする。

 「開幕ローテに入って、一年間守っていきたい。先発に対する思いは一番強い」と鼻息を荒くした遠藤。九里もその思いは同じだ。若鷹相手にきっちりと結果を残し、開幕ローテをたぐり寄せる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス