文字サイズ

広島・森下、まるでマエケン!佐々岡監督が絶賛、フィールディングに「センス感じる」

 広島の佐々岡真司監督(52)が13日、廿日市市の大野練習場を訪れ、初めて新人合同自主トレを視察した。ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=のフィールディングが、かつてのエース・前田健太投手(31)=現ドジャース=と重なると大絶賛。キャッチボールでもノビのある球を投げた若鯉に対し、即戦力としての期待をさらに強くした一日になった。

 無駄のない動きだった。森下は左足を上げて真っすぐ立つと、肘を柔らかくしならせた。力感はないものの、強いスピンを掛けられた白球は、相手の手元でグンと伸びる。潜在能力の高さをうかがわせたキャッチボール。見守った佐々岡監督は、目尻を下げながら何度もうなずいた。

 「一番は上半身と下半身のバランスが良いと感じた。投げ方を見ても素晴らしい。球が指に掛かっているし回転も良かった」。初めて間近で見た。そして絶賛の言葉を並べた。

 投球以外に感嘆したのが、ノックでのフィールディングだ。即戦力右腕は、左右のゴロに対して軽快に動く。ショートバウンドした難しい打球は、柔らかいグラブさばきで難なく処理した。送球の安定感も光った。

 その姿は4年連続を含め5度、ゴールデングラブ賞に輝いたかつての背番号「18」と重なる。「マエケンに似ている?そういうところは感じた。守備、ノック、走る姿を見てもセンスを感じるものがあった」と評した。

 「投手は、投げるだけが仕事じゃない。守備を含めた総合力が大事」と指揮官は言い続ける。初めて1軍投手コーチに就任した一昨年の秋季キャンプから投内連係メニューを連日、組み込んだ。ゴロ捕球一つが勝敗を左右することもある。頼もしい動きに「楽しみが一段と大きくなったよ」とにっこり笑った。

 15日からは既存メンバーを加えた合同自主トレが始まる。初めて顔を合わせるチームメートには、主力投手やキャンプイン初日のブルペンで全快をアピールするために調整する同年代の若鯉がいる。

 「いろんな選手を見ると緊張するだろうし、プロのすごさを感じると思う。ただ、オーバーペースにならないように。ケガをしないで2月1日を迎えてほしい」と語った佐々岡監督。焦らずマイペースで状態を整え、サバイバルレースへの参戦を願った。

 投手力の底上げがV奪回へのキーポイントだ。最速155キロの直球に加え正確なフィールディングが武器のドラ1右腕。指揮官は、期待に胸を膨らませながら大野練習場を後にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス