文字サイズ

鈴木誠 ラグビー日本代表から感じた勝利への執念 メジャー?チャンスがあれば…【インタビュー2】

 カープでも五輪でも「てっぺん!!」へー。色紙を手にガッツポーズする
2枚

 広島・鈴木誠也外野手(25)が新春インタビューに応じ、今夏に開催される東京五輪での金メダル獲得を誓った。昨秋のプレミア12では侍ジャパンの4番として世界一に貢献。昨年12月には元新体操日本代表でキャスターの畠山愛理(25)との結婚を発表し、野球もプライベートも絶好調。日本の4番がカープと侍ジャパンを頂点に導く。インタビュー2。

 -侍ジャパン稲葉監督がプレミア12で世界一になったがラグビーのようなパレードがなかったと嘆いていた。

 「五輪で優勝したらまた違うと思いますし、それをモチベーションにしてやるというのはありなんじゃないかと思います。稲葉監督はすごい思いでプレミアに出ていた。それは伝わってましたし、選手もより頑張ろうと思っていた。僕たちは優勝して監督を胴上げできましたし、うれし涙を見ると頑張って良かったなと。僕も4番は外さないと最初からずっと言われていてその期待に応えたいと思っていたので。本当に最後ああやって終われて良かったです」

 -4番について稲葉監督から言葉は。

 「4番は外すつもりはないから、少々悪かろうが、ずっと使うからと。(合宿の)宮崎の時点で言われていたので、しっかり頑張れた部分もありました。気持ちの部分で準備できたので、本当に感謝しています」

 -プレミア12の試合前練習は短かった。

 「違和感はなかったです。そっちに慣れたらそっちの方がいいんじゃないですかね。試合で100パーセントの力を出せる。練習時間が少ない方が疲れることもないですし、日本は長くやるというスタイルですけど、疲れないのでラッキーぐらいに思ってました」

 -辞退者も相次いだが。

 「(時期が)シーズン後というのもありましたし、選手それぞれ故障とかもあったり、その中でシーズンを戦っている選手もいたと思う。シーズンの燃え尽きというか、モチベーション的にはすごく出るのは難しかったと思います。選手側からしたら仕方ないんじゃないかなと。五輪はシーズン中にあるので、しっかりしたメンバーが出られるんじゃないかなと思います」

 -被災地福島、日本を勇気づけるという思いは?

 「野球の力で元気を出してもらえたらうれしいですけど、ラグビーの方がいいんじゃないですか?僕はラグビーを見て、すごく感動したので。野球にはちょっと難しいような感動なのかなと思ったりもして。本当にすごかったですね。叫んでましたもん、テレビの前で(笑)。ああいう試合が五輪でできればいいなと思います」

 -ラグビーにジェラシーは感じた?

 「ジェラシーはないですけどやりたいと思った(笑)。どういう感じなんだろうという興味はあります」

 -一体感があった。

 「勝ちへの執念というか、プレーから伝わってくる選手の気持ちというか。プレーから全てが伝わってくるというのはなかなかないので、本当に感動しました。あそこまで気持ちを高ぶらせてできるんだなと思ったり、僕はあそこまでどうなのかなとか、ああやってやらないといけないのかなと…。あそこまでできるというのはすごいと思います。みんなが感動する意味が分かったというか、スポーツマンとしてああいう試合をしたいなと思いましたね。野球でも感動してもらえるように頑張ります」

 -カープでも佐々岡新監督が「一体感」を掲げている。

 「1人1人が同じ方向を向けば、おのずと一体感というのは生まれてくると思います。1人でも2人でも違う方向を向いてしまうと難しい。まずは試合に出てる選手が一生懸命戦えば、下の子たちもやらないといけないと思ってくれると思う。そう思ってくれる選手が一人でも多く1軍にいてくれないと、1軍の舞台で優勝するのは難しいことなので。そうなれば自然に一体感は出るのかな」

 (続けて)

 「優勝した時はみんなが同じ方向を見て1試合1試合戦った結果が、最終的にはゲーム差が開いて優勝という形になっていた。自分のことだけではなく、チームが勝つためにというのをコーチ含め、選手全員が思えれば。メンバー的にはそんなに変わっているわけではないので僕は優勝できるんじゃないかと思ってます」

 -日本一が目標か。

 「ソフトバンクは強い。(18年日本シリーズは)完全に力負けですから。選手個人の意識も高い。そういうところだと思う。若い選手がどれだけ自分に厳しく上を目指してやれるか。2軍の試合に出ることを考えているような選手は厳しいんじゃないかと。そう考えてる選手もたくさんいると思う。高卒であれば3年後に出てこれるようにという選手もいますけど、そんなんじゃ、その前に消えるぞと僕は思うので。そういうのを早く分からせるためにも、僕みたいな若いのが伝えていかないといけないのかなと思います」

 -侍ジャパンの選手は意識が高かったか。

 「みんな意識が高いですね。(巨人)坂本さんとかすごいなと思いましたね。坂本さんと一緒に野球をしたいなと思いました。そう思わせるような選手でしたね」

 -それは技術面?

 「技術面もチームに対する考え方も。カープだったら会沢さん。他球団の選手で言えば坂本さんがすごいと思いました」

 -個人としてもチームとしても結果を出し続けている。

 「結果を出す理由も分かりますし、野球に対してしっかり考えてやってる方。ヒットの数もそうですけど、あれだけ長いシーズン、毎年、記録を残している選手なので。自分もそう思ってもらえるような選手になりたいと思ってます」

 -メジャーへの興味は。

 「もともとは興味なかったですし、まずは目の前の目標に向かって、やってきてたんですけど、上を目指していく中で、そこでやりたいなという気持ちも出てきてます。いつか挑戦したいという気持ちはなくないですよね。みんなもたぶんそうだと思いますけど、チャンスがあれば、そりゃやりたいなという思いは常に持ってます。そこに今僕の目標が来たかなって思う。そこで頑張りたいという思いが常にあったからこそ妥協せず自分に厳しく今までできていたのもあるので…。そういうチャンスがあれば行きます!(笑)」(おわり)

 ◆鈴木 誠也(すずき・せいや)1994年8月18日生まれ、25歳。東京都出身。181センチ、96キロ。右投げ右打ち。外野手。背番号1。今季推定年俸2億8000万円。二松学舎大付から2012年度ドラフト2位で広島入団。プロ1年目の13年9月14日・巨人戦(マツダ)で初出場(代打)。首位打者・最高出塁率各1回(いずれも19年)、ベストナイン4回(16~19年)、ゴールデングラブ賞3回(16~17・19年)。17年WBC、19年プレミア12日本代表。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス