文字サイズ

ドラ1の森下、背番号18に表情引き締め…「本当に重みがある」

カープでの活躍を誓いポーズ決める広島・森下暢仁=広島市内のホテル(撮影・飯室逸平)
3枚

 広島ドラフト1位の森下暢仁投手(明大)が9日、広島市内のホテルで新入団発表の会見に臨んだ。

 「こんなに大勢の方々に見られてしゃべることがないので、緊張しています。単独指名していただいて、このチームにいち早く溶け込んで活躍したい気持ちが強くなりました」

 明大では主将として4年春の東京六大学リーグで優勝に、全日本大学選手権では日本一に導いた大学ナンバーワン右腕。新たな舞台では「本当にこのチームでリーグ優勝、日本一になりたいと思っているので貢献できるように頑張りたいと思います」と力を込めた。

 背番号は4年間空いていたエースナンバーの「18」に既に決定しており、「カープの18番は監督もつけていましたし、前田健太投手もつけていたので、本当に重みのある背番号だと思います」と表情を引き締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス