文字サイズ

誠也結婚!新体操元日本代表・畠山愛理と!最高で~すな伴侶得た

 畠山愛理との結婚を発表した鈴木
2枚

 広島は7日、鈴木誠也外野手(25)と元女子新体操日本代表でタレントの畠山愛理(25)が結婚する運びとなったと発表した。昨夏に共通の知人を介して食事をしたことがきっかけで交際がスタート。広島-東京という遠距離を乗り越えて愛を実らせた鯉の4番が、生涯の伴侶を得てV奪回に挑む。

 カープの、日本の4番が生涯の伴侶を得た。鈴木はこの日、畠山との連名で広島球団を通じて結婚を発表した。昨夏から交際をスタートさせ、約1年の遠距離恋愛を実らせた。

 「私事で大変恐縮ではございますが、私たち、鈴木誠也と畠山愛理は、結婚する運びとなりましたことを、ご報告させていただきます。

 昨年夏よりお付き合いが始まり、少し距離は離れていましたが、会えた時は些細なことで笑ったり、悩んだときはお互い励まし合いながら、歩んできました。この先も一緒に過ごしていきたいという想いが募り、この様な運びとなりました」

 真剣交際が発覚したのは8月だった。鈴木は同月8日のDeNA戦前に「良いお付き合いをさせてもらっています」と隠すことなく交際を認めていた。

 お相手の畠山は新体操日本代表「フェアリージャパン」の主将を務め、12年のロンドン、16年リオデジャネイロと2大会連続で五輪に出場。リオ五輪後に現役を引退し、現在はキャスターとしてNHK「サンデースポーツ2020」にも出演している。

 大きな支えができたことで、これまで以上に野球に集中できる環境が整った。この日、広島市内でのカープOB会に参加した佐々岡監督は「報告はもらっていた。家族を持つことによって責任感が出る。しっかりと頑張ってもらえると思う」と祝福し、目尻を下げた。

 V奪回を目指す来季は、7、8月に東京五輪が控えている。前哨戦となった11月の「プレミア12」では4番として3試合連続本塁打を放つなどチームの世界一に貢献し、大会MVPに輝いた。かつて「一生に一度の思い出になる」と言っていた五輪。日本代表に誇りを持ち、主軸として金メダルを目指す。

 「まだまだ未熟な2人ですが、力を合わせて、またアスリートらしく、共に歩んで笑顔の絶えない明るい家庭を築いていきたいと思います」と文書を結んだ。鈴木が決意を新たにして2020年に臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス