文字サイズ

奨成4安打 佐々岡監督が高評価「積極的に振っている感じがした」

 広島・佐々岡真司新監督(52)が20日、みやざきフェニックス・リーグを2試合連続で視察し、西武戦で4安打を記録した高卒2年目の中村奨成捕手(20)を高評価した。今リーグでは3年目の坂倉将吾捕手(21)と交互に先発マスクをかぶる。次代の正捕手育成へ、指揮官は秋季キャンプでの競争激化に期待を寄せた。

 窓越しから2年前のドラ1の躍動に胸を躍らせた。視察2日目。佐々岡新監督は「奨成、羽月、坂倉。奨成は4安打か。積極的に振っている感じがした。その中で、結果が自信になればいい」と満足そうにうなずいた。

 「2番・指名打者」で先発出場した中村奨は初回に左翼フェンス直撃の二塁打で先制の口火を切ると、続く二回は左前打。三回も左前打を放ち、八回は左中間二塁打で好機を作った。

 中村奨は「出来すぎです。1日1本と思っているので、今日はたまたまです」と控えめに振り返ったが、気合は満点だ。「監督が見に来てくれている。今日は打撃だけでしたけど、いいものを見せられた」と力を込めた。

 今リーグでは坂倉と交互に先発マスクをかぶっている。坂倉は今季1軍で代打の切り札として存在感を発揮。この日も3安打3打点と4番の仕事をした。

 2人でしのぎを削る姿に「いい意味で競争をしていると思う」と指揮官。「奨成はケガをして悔しい思いをしている。秋のキャンプでもアピールできるように。キャッチャーとして、どんどんやってもらう」と続けた。

 中村奨は「まずは守れるように。打撃もおろそかにしてはいけない」ときっぱり。高校時代は夏の甲子園で1大会6本塁打を放ったが、まだ1軍出場はない。佐々岡新体制の下、かつてのドラ1がアピールに燃えている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス