文字サイズ

2位・宇草、俊足で定位置獲る「広島といえば足。自分も足が武器」

 「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)

 広島ドラフト2位の宇草孔基外野手(22)=法大=は「生命線」という足を武器に1年目からのレギュラー獲得を目指す。

 指名を受けたときは実感が湧かなかったという。「プロ野球は幼いころからの夢だったので。自分の名前が呼ばれて本当かなと。ビックリしたのが1番です」と初々しい笑顔で振り返った。

 「広島といえば、足を使った攻撃が印象に残っています。自分も足が武器。何とかそこで貢献していきたい」

 常総学院3年時のセンバツでは大会タイ記録となる1試合5盗塁。U-18侍ジャパンにも選出された。法大では足だけでなく、広角に打ち分ける打撃で活躍。3年秋には打率・333、4年春は打率・339に4本塁打と長打力のあるところも披露した。今夏の大学侍ジャパンに選出され、日米大学野球では1番打者として打線をけん引した。

 「強いチーム。レベルが高いですが、何とか食い込んでいけるように頑張っていきたい」

 俊足に加えて長打力も備えた高い打撃技術はカープの野球にピッタリ。広島は小学生のころの大会で厳島神社を訪れた記憶がある。「きれいでした」。その美しい街で躍動する日を夢見て目を輝かせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス