文字サイズ

延長で振り切り連敗2で止める 中崎誤算も…遠藤がうれしいプロ初セーブ

 延長10回、勝ち越しタイムリーを放ち塁上からベンチを指さす広島・会沢翼=ナゴヤドーム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「中日4-5広島」(24日、ナゴヤドーム)

 広島が延長の末、中日を振り切って、連敗を2で止めた。

 4-4の延長十回。1死から鈴木が左翼フェンス直撃の二塁打で出塁。続くメヒアが申告敬遠、さらに安部も四球で歩いて満塁。ここで会沢が右前にはじき返して決勝点を挙げた。

 1点を追う二回。1死一、三塁から、小園が左翼線への適時二塁打を放ち、同点。なお1死二、三塁から、サンタナが中前へはじき返す勝ち越しの2点適時打。一回の守備では自身の適時失策で先制点を許していたが、バットで取り返した。

 八回には無死からの松山の中前打をきっかけに2死二塁とすると、小園が右前に適時打を放ち、3点差に広げた。

 しかし、九回、抑えに復帰して2戦目の中崎が誤算。無死から3連打を浴びるなど1点差に迫られると、なお2死一、三塁から福田に右前適時打を許して、同点に追いつかれた。

 5番手の遠藤が十回を三者凡退で締めて、うれしいプロ初セーブをマークした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス