文字サイズ

広島“バティショック”にコーチ・選手は一丸強調「みんなで」「ピンチをチャンスに」

8回、ソロを放ち迎えられる広島・鈴木=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)
2枚

 「DeNA8-3広島」(17日、横浜スタジアム)

 広島・バティスタがドーピング検査で陽性反応が出たためチームを離脱した。“バティショック”に見舞われチームも大敗したが、首脳陣、選手は一丸を強調した。

 高ヘッドは「長打力という意味では痛い。みんなで補っていくしかない」と前を向き、東出打撃コーチは「こういう時こそ上位5人に引っ張っていってほしい。ピンチをチャンスに変えてほしい」と、西川、菊池涼、鈴木、松山、会沢の活躍に期待を寄せた。

 選手会長・会沢も「これからみんなで頑張っていくしかない」と力を込めた。鈴木は「誰かが埋めればいい。みんなで頑張っていかないと」と言い、西川も「全員でカバーするしかない」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス