文字サイズ

悪夢の逆転負け リリーフ陣が連夜の乱調

 8回、フランスアは陽川の遊ゴロで勝ち越しを許す(撮影・山口登)
2枚

 「阪神6-5広島」(11日、京セラドーム大阪)

 広島がリリーフ陣の乱調で連夜の逆転負け。首位・巨人と3・5差に広がる痛恨の1敗となった。

 5-2で迎えた八回。4番手の今村がマウンドに上がったが、無死からマルテ、ソラーテに連打を許すと、続く大山には中堅フェンス直撃の2点二塁打を浴びて、1点差に迫られた。梅野の犠打で1死三塁となったところで、前夜逆転サヨナラ弾を浴びたフランスアを投入した。

 しかし、糸原に中前へはじき返されると、ワンバウンドした打球が前進してきた中堅・野間の頭上を越え、さらにカバーに入った左翼・西川のエラーも加わって、糸原の三進(記録は二塁打)を許した。

 続く陽川は遊ゴロに仕留めたが、遊撃・田中広が本塁へ送球したものの間に合わず(記録は野選)、決勝の1点を奪われた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス