文字サイズ

松山&会沢の連続適時打などで3点を追加 松山「食らいついていった」

 5回、右前適時打を放つ松山(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神-広島」(11日、京セラドーム大阪)

 広島が2-1の五回に松山竜平外野手と会沢翼捕手の連続適時打などで3点を追加した。

 まずは2死一、三塁。松山が望月のフォークを右前へはじき返すと、会沢も右腕の148キロ直球を右前適時打とし、貴重な追加点をマークした。なお2死一、三塁でメヒアの打席の2球目が暴投となり、松山の代走で出場していた三走・野間が本塁を陥れた。

 松山は「とにかく食らいついていきました。良い結果になって良かったです」とコメントし、会沢は「後ろにつなぐ気持ちでコンパクトに打つことができました」と振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス