文字サイズ

誠也が反撃の適時打「うまく対応することができた」

 「広島-巨人」(19日、マツダスタジアム)

 広島の鈴木誠也外野手が適時打を放った。

 0-5の四回だ。先頭の西川がこの試合、初安打となる右前打で出塁。バティスタが四球でつないで1死一、二塁で出番が来た。

 「打ったのはストレート。追い込まれていたけどうまく対応することができた」。低めの直球を思い切り振り抜き、左翼線へはじき返した。

 菅野の前に、三回まで完ぺきに封じ込められていた。4番の一打が攻撃陣のスイッチを入れ、七回には1点差まで迫った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス