文字サイズ

六回まで6点リードも…九回2死で追いつかれ、床田の6勝目が消滅

 9回、同点に追いつかれ、厳しい表情でベンチへ戻る広島・フランスア
 8回、後逸する広島・小園海斗
8回、代打で内野ゴロに倒れるも全力疾走で併殺は阻止する広島・田中広輔=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「交流戦、広島-ロッテ」(20日、マツダスタジアム)

 広島は6点リードを守り切れず、6回無失点と好投した床田の勝ち投手の権利が消滅した。

 六回までに3本塁打で6点をリード。だが、継投策で逃げ切りを図った七回から雲行きが一変。七回、2番手の一岡、中村恭がトータル4安打を浴びて4失点。八回はレグナルトが無失点でしのいだが、九回にフランスアが踏ん張れず。2死二、三塁から藤岡の左前適時打で同点に追いつかれた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス