文字サイズ

大瀬良まさか…自己最悪4被弾 チームは5戦残して2年連続交流戦負け越し

 「交流戦、広島3-6ロッテ」(19日、マツダスタジアム)

 広島の大瀬良大地投手(28)が、自己ワーストの4被弾を含む6回0/3を8安打6失点(自責点4)で4敗目を喫した。初回、中村奨に先制ソロを許すと、三、五、六回にも被弾。エースのまさかの乱調でチームは2連敗。交流戦は5試合を残して、2年連続の負け越しが決まった。

 明るさが残る広島の空に、大瀬良が何本ものアーチを許した。1試合4被弾は自己ワースト。中盤までに4点を失い、苦しい展開を招いてしまった。「(球の)走りは悪くなかった。甘くなったのを逃してくれなかった」。エースが一発攻勢に屈した。

 初回2死。中村奨にバックスクリーン左に放り込まれると、三回は荻野に左越えソロを許した。打球が捉えられた瞬間、振り返ることさえしないほど完璧に捉えられた。五回は田村、六回にはレアードにも一発を浴びた。

 直球には力強さがあった。一方で、生命線の一つであるカットボールが操れなかったのが誤算だった。「体とイメージが一致していなかった」。腕を真っすぐに振り抜いたつもりでも、引っかけてしまう場面があったという。「思うような曲がり方をしなくても、見せ球に使うとかしながら投げないといけなかった」と唇をかんだ。

 4試合連続で本塁打を浴びた。この日に向け、準備法を微調整した。ゆったりと体を大きく使うことを意識していたキャッチボールを「しっかりとしたフォームである程度で力を入れて投げた」。常に本番を意識。序盤で流れを渡さないために試行錯誤したが、すぐには結果には結びつかなかった。

 七回に2失点したところで緒方監督はベンチを立った。6回0/3を8安打6失点(自責4)。回の途中でマウンドを降りるのは今季初めてで、失点も今季ワースト。「島内に迷惑をかけた。つないでくれた中継ぎ陣にも申し訳ない」。九州共立大の後輩である島内が火消しに成功し、その後の遠藤、菊池保も好投。敗れはしたものの、接戦に持ち込むことができ、救援陣の奮闘に感謝した。

 チームは2連敗で交流戦の負け越しが決まった。佐々岡投手コーチは「防げるホームランはあった」と反省を促しながら「試合を作って勝ちに結びつけてほしい。エースとして期待している」と背中を押した。信頼は揺るぎない。

 「悔しい。次の試合でやり返せるようにやっていきたい」と前を見据えた右腕。大黒柱としての風格が漂い始めた今季。大瀬良が苦い結果を糧に、また大きくなる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス