文字サイズ

遠藤が昇格 佐々岡コーチ「しっかり結果と内容を見て」

 広島の高卒2年目・遠藤淳志投手(20)とドラフト2位島内颯太郎投手(22)=九州共立大=が7日、1軍に昇格した。佐々岡投手コーチは遠藤について「まずはビハインドのロング(リリーフ)から。しっかり結果と内容を見て、次のステップがあるかどうか」と結果次第で今後の先発起用も示唆した。

 代わって、アドゥワ誠投手(20)が出場選手登録を抹消された。佐々岡コーチは「先発として(試合の)入りからやってほしい。いいものを出したら(1軍に)呼べるように。上の選手もウカウカできない。結果を出さないと下に落ちるということ」と話した。

 前日6日・西武戦でプロ初黒星を喫した山口翔投手(20)は次回も先発する予定。佐々岡コーチは「何を打たれたのか。変化球だったと思うけど、(プロ初勝利を挙げた)ヤクルト戦との違いを考えてほしい。打たれて成長することもある」と奮起を促した。

 また、松山竜平外野手(33)も体調不良のため出場選手登録を抹消された。4、5日の西武戦は指名打者で出場していたが、6日の試合は欠場していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス