文字サイズ

広島が2度目の5連勝で単独2位浮上 苦手の西攻略、九回に打線爆発

9回、広島・菊池涼介の2点打にわき上がる広島ベンチ=甲子園(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神2-10広島」(17日、甲子園球場)

 広島が苦手としてきた阪神・西を終盤に攻略。2度目の5連勝で単独2位に浮上した。3番手の九里が今季初勝利。

 四回に西川が先制の適時打。六回に先発・床田が2失点して追う立場となったが八回に形勢逆転した。

 1死から松山が四球、野間が一塁強襲安打で一、二塁とすると、菊池涼が左前へ同点打、さらにバティスタも左前へ連続タイムリーを放ち再逆転に成功。西を8回3失点でマウンドから降ろした。西との対戦成績はここまで5試合で3敗。やられっぱなしだったが6戦目にしてようやく土をつけた。

 終盤活気づいた打線の勢いは止まらず。九回には菊池涼、バティスタ、鈴木の連続適時打など、打者10人、7安打の猛攻で7点を加点。投手戦から一転、最後は一方的な試合展開で勝利をつかんだ。

 バティスタが自身初の1試合4安打を記録。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス