文字サイズ

松山が先制適時打 10試合ぶりスタメン起用で奮起

1回広島、2死一、二塁、バットを折られながらも先制タイムリーを放つ広島・松山竜平=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「広島-DeNA」(11日、マツダスタジアム)

 広島が先制した。

 初回、2死から3番バティスタが四球、鈴木が左前打でつなぐと、5番松山が上茶谷のチェンジアップを振り抜き右前に落とした。

 「バットの先だったので、いいところに落ちてくれました。先制点につながって良かったです」

 4月30日・阪神戦(甲子園)以来、10試合ぶりスタメン起用に応えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス