文字サイズ

今季初のサヨナラ勝ち!初の連勝で6カードぶり初戦勝利 選手会長会沢が決めた

 「広島2-1DeNA」(19日、マツダスタジアム)

 広島が今季初のサヨナラ勝ち。2試合連続の逆転勝ちで開幕カード以来6カードぶりにカード初戦に勝った。

 同点の延長十回、連続四球で無死一、二塁とし代打・磯村が犠打を決め二、三塁。続く西川が敬遠で1死満塁となり満塁となり、選手会長会沢が中越え打を放った。

 会沢は「みんながつないでくれて、これだけたくさんのお客さんが声援してくれて、なんとか返そうと思って打席に入りました。(感触は)よかったですね。仲間を信じていつかこういうチャンスが来たときに打てるようにと思っていました」と喜びの声をお立ち台で発した。

 1点を追う八回2死から連続四球で一、二塁とし、代打西川の中前適時打で同点として延長に突入した。

 先発の大瀬良は勝ち星こそ付かなかったが、7回1失点の粘投で勝利に貢献した。フランスアが2勝目。

 4連覇を狙う広島は開幕戦の巨人戦で勝ったものの、カード負け越しで5カード連続負け越し、6カード連続勝ち越しなしと苦しい戦いを強いられている。巨人2連戦でもカード初戦に敗れ、第2戦も劣勢に立たされながら九回2死から3点を奪い今季2度目の逆転勝ちを収めていた。今季2試合連続3度目の逆転勝ち。これで6勝12敗。まだ借金「6」で最下位ではあるが、3連覇を成し遂げた「逆転のカープ」の本領発揮が期待される。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス