文字サイズ

執念の逆転勝利!九回2死から菊池涼、石原が連続適時打!丸の一発直後に一丸

 9回、勝ち越しタイムリーを放ち塁上でポーズを決める広島・石原慶幸
3枚

 「巨人4-5広島」(17日、リブワーク藤崎台球場)

 広島が執念の逆転勝ち。連敗を2で止め、6カード連続負け越しを免れた。

 逆転の広島は健在だった。2点を追う九回、巨人の守護神クックを攻め、連打で無死一、三塁。一ゴロの間に1点を返し、なお2死三塁の好機で菊池涼が右越えに同点の適時二塁打を放った。

 八回は昨季までの同僚、丸に5号2ランを許す嫌な流れ。マルポーズを作って喜ぶGナインの一方で、広島ベンチは暗く静まりかえった。今季3度目の3連敗まであとアウトひとつまで追い込まれたが、屈辱的な敗戦を免れようと、チームがひとつに結集した。

 菊池涼の一打が生まれた直後、さらに2死二塁で、途中出場のベテラン石原が、逆転の中前適時打。両手を突き上げ、喜びを爆発させた。

 九回の守りは1死から左翼手・長野の落球から1死一、二塁の大ピンチ。だが、抑えの中崎が陽岱鋼を併殺打に仕留め、何とか勝利にこぎ着けた。

 石原は「みんなでつないでつないで作ったチャンス。何とかヒットを打てるようにと思った。うれしかった」と笑顔。低迷脱却へ「今日をきっかけに、何とか勝てるように頑張ります」とうなずいた。

 巨人は同点の八回に丸が5号2ランを放ったが、抑えのクックが大誤算。今季初黒星となった。チームは連勝ならず、貯金2。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス